top of page

ものタグで遊ぶ神経衰弱ゲーム「遊タグ」リリース

株式会社コネクトドットより、ものタグアプリで遊べる神経衰弱ゲーム「遊タグ」がリリースされました。


ものタグ神経衰弱は、遊ぶタグと書いて「ゆうタグ」と呼びます。

「遊タグ」は、スマートフォンのものタグアプリを使った神経衰弱ゲーム盤です。4x4のマス目に16個のタグ(駒)を配置して、その内容が同類のものを当てるゲームです。


新しいゲームをダウンロードしたり、内容をシャッフルする機能があり、一つのゲーム盤でいろんなゲームを楽しむことができます。

ものタグアプリは、無料でダウンロードすることができます。


■ 触指と音声で理解する駒の配置

神経衰弱ゲームは、カードの位置とその内容を記憶し合わせるゲームです。

遊タグでは、ICタグの駒を4×4のマス目に配置し、選んだ駒を手に取り、利き手に持ったスマホでスキャンすると、駒番号(X列Y行)と内容を音声で読み上げるので、晴眼者と対等にゲームを楽しめます。

駒の位置(マス目位置)には、マス目の外側に付いている点シールを起点として枠をなぞることによって、見えにくくてもたどり着くことができます。

駒にも点シールが貼り付けてあり、駒番号が分かるようになっています。

2つの駒をスキャンして内容が合ったら、駒を取り、最終的に獲得した駒数が多い人が勝利します。


■ 遊びながら楽しめる・学べる「遊タグ」ものタグ神経衰弱ゲーム

新しいゲーム内容を駒にダウンロードしたり、内容をシャッフルする機能があり、一つのゲーム盤でいろんなゲームをいろんな方法で楽しむことができます。

現在、同じ数字や言葉を合わせるだけでなく、100近いゲームパターンが登録されており、自由にダウンロードできるようになっています。

今後も新しいゲームパターンが増えていく予定です。

また、詳細情報欄にその言葉の解説や関係ページのURLを入力しており、楽しみながら知識や雑学を取得できるように工夫しています。


■ 独自ゲームを作成し、共有することができます

自身のものタグ16個に独自のゲームパターンを登録し、「ゲームダウンロード」メニューから辿ることができます。

また、そのゲームパターンのリンクタグをグループで共有することにより、グループ内でゲームパターンを共有することができます。


■商品名:遊タグ

■価格:9,900円

■セットの内容:

4×4のマス目があるアクリルボード (このマス目に、穴の空いた直径30ミリの駒を置きます。)

16個の駒(どのマス目に置くか数字が書いてあり、その数字を点の数で分かるよう触知点シールが貼ってあります。)

ケース2個 (駒を8個づつ入れます。)

16個の駒  以上


「遊タグ」についてのお問い合わせ・ご注文は、ラビットまでどうぞ。

最新記事

すべて表示

12月より音声雑誌「インタビュー 未来」発売開始決定! ご予約受付開始!

2023年12月より、新たな音声雑誌「インタビュー 未来」を配信開始することをお知らせいたします。 このシリーズは、弊社代表取締役の荒川明宏が視覚障がい者や視覚障がいに関わる方々へインタビューを行うものです。 「未来」というネーミングには、我々がインタビューを通じて皆様への明るい未来の可能性を提供する希望が込められています。 視覚障がいに対して積極的で前向きな対話を促進することを目指します。 配信

点字ディスプレイ「Next Touch 40」予約受付開始!

ケージーエス株式会社から新しい点字ディスプレイ「Next Touch 40」が発売となります。 発売日は11月1日、ラビットでも予約の受付を開始いたします。 なお出荷日はまだ未定ですので、詳細が決まり次第、改めてご案内させていただきます。 この商品は、既存の点字ディスプレイ「ブレイルメモスマートAirシリーズ」とは異なり、単体ではご利用いただけません。 パソコンとUSBもしくはBluetoothで

iPhone支援機器「Rivo2」レンタルサービス開始のご案内

お陰様でRivo2は2018年4月の発売より、多くの自治体で、日常生活用具の「情報・通信支援用具」として給付申請が認められてきました。 情報・通信支援用具とは別に、専用の枠を設けて導入支援を行ってくださっている自治体もあります。 しかし、西日本の一部では、情報・通信支援用具はパソコンのソフトウェアが対象のため認められないというケースが散見されます。 弊社では、これまでそのようなお客様に対して、手数

bottom of page